土地活用と賃貸運用のメリット・デメリットとは?

あなたの土地の育て方

あなたに最適な土地活用を見つけよう!

持っている土地を持て余してしまう、何かしようと考えはするがそのための費用がない。 そんな時は売却して現金化して生活の足しにする。 または不動産会社へ土地を提供することで建物の一部を取得し上手な活用が可能になる。 それぞれのメリットとデメリットを検討比較してより良い選択をしよう。

土地貸し、それともマンション・アパート経営にも参加

あなたの土地に建物を作るか否かの選択は重要である。 土地貸しであれば利用方法を簡単に変更出来る、初期費用が少なくても済む。 またマンション・アパートを建てて収益物件として活用するのは初期費用こそかかるが、将来にわたって安定した収入を得ながら建物を建てることで固定資産税を抑えることができる。

土地売却と等価交換でお金がなくても有効活用

人が土地を取得するのはどんな時だろうか。
多くの人々が自分たち家族が住むマイホームを建てるために自己資金、住宅ローンを組んで念願の土地を手に入れる。
あるいは、両親や祖父母が持っている土地を贈与されることで得る場合もある。
自分で望んでいる訳でもないのに、時として人は土地を得るときがある。
親の相続、住み替えで別の土地に移る等その事情は様々な原因があるだろう。
そんなとき住居用以外で土地をどのように活用するのが現在の自分の経済事情、ライフスタイルに一番合っているか様々な観点で検討してみよう。
最初に考えるべきなのは、何を一番の目的として選択するかである。
ある人はとにかく収益を得たい!
またある人は持て余している土地を処分してこれからの自分の生活をより豊かなものにしたい!
次に考えるべきことは今の自分の現状である。
今現在、就労中の人はそれを続けていきながら土地活用をしたいのか、それとも土地活用を本業として自分が中心に参加してやっていくのか。
もし今の仕事を続けていきながらやっていくのであれば、不動産会社など専門家に管理を頼んで賃貸経営をやるといった方法もある。
自分自身の時間を費やしても収益の取り分を減らしたくないならば自分で管理をして維持していくのも一つの手段である。
最後は自分がいなくなった後、それは亡くなる時であったり自分の身体は弱くなって自分自身で管理していくのが困難になり他の誰かに引き継ぐ時のことを考えるということである。
家族が相続した時に自分の土地が負の財産となってしまい、家族に負担をかけてしまわないように将来を見据えて土地活用を考えていくことも土地活用を考える大きな課題となる。
節税対策や稼働率が悪い土地であれば、一番買い手がつきやすい時に売却してしまうのも方法である。
自分の土地を自分や家族の将来に役立つようにしっかりと見極めるのが大切である。

賃料収入と節税、両方ゲットしよう

土地は持っているだけで固定資産税を払わなくてはいけない。 土地貸しをすれば最初の建物建築費用がかからず気軽に始められる。 ただアパートやマンションを建てて運営すれば固定資産税を安く抑えられ、将来の相続税対策にも役に立つ。 土地活用をする場合は長いスパンで検討する必要があるだろう。

TOPへ戻る