あなたの土地の育て方

土地貸し、それともマンション・アパート経営にも参加

売却して資金、土地提供で住居

あなたの人生設計プランにおいて、現金化して今の生活の足しにする。
または将来に向けて貯蓄する。
今あなたが持っている土地が先祖代々受け継がれてきた思い入れのある土地でどうしても手放したくない。
しかしそれを維持する収入もない。
そんな時、不動産会社に土地を提供して不動産会社が建築費を負担してアパートもしくはマンションの一部に住居を持つことが出来て、自分の土地を手放さずに済む。
土地から離れることをしなくて済む代わりに土地・建物の名義を一部失うことになるのでこれからの自分自身の生活と今持っている土地のこれからの関わり方を考えて土地の活用方法を考えよう。
自分の土地に対してどれだけの思い入れがあるのか、長い目で見て収益を得ることが出来るのか。
自分に負担をあまりかけずにこれからの将来を考えていくべきである。

土地貸しするか、大家さんになるか

土地活用する上で一番気になるのはどうやってより多くの収益を得ることが出来るのかということだろう。
土地貸しという方法で駐車場として活用する、第三者に店舗を建てるために土地を貸してその賃料を得ることが出来る。
この方法であれば、大掛かりな設備費用をかけずに活用が出来る。
しかし第三者に土地を貸して収益を得る場合、短期の契約であればリスクが小さくて済むが建物を建てる借主に貸すと借地権が発生し数十年の契約になる。
大家さん、つまりマンション・アパートを建築してその賃料を得る。
しかし初期費用をかけた分、それを回収するにはより多くの借主を得る必要があるが、立地やサービス、設備で他との差別化、修繕費用が必要であり常に空室リスクがある。
また後から売却するにも収益物件はなかなか買い手がつかないことが多く、大家さんはハイリスク・ハイリターンであり十分な資金と時間が必要になる。


TOPへ戻る