あなたの土地の育て方

賃料収入と節税、両方ゲットしよう

手軽に始めて負担を減らす

土地活用をする際に現実的に考えていかなければいけないのはどれだけ収益を得ることが出来るかよりもまず第一に実現可能かどうかということである。
建築費用がかかる、かからない以外に、自己使用と売却以外の活用方法は全て「誰かに貸す」ということで成り立ち、「借りる人」がいなければ成立しない。
しかし太陽光発電のみ、「貸さず」に自分自身での活用によって収益を得ることが可能である。
もちろん発電機器の設備費用は必要となる。
時価が安い土地を担保にいれても十分な融資を受けられない可能性もある。
しかし、「動産担保融資(ABL)」で設備と売電債権を担保にする融資方法もある。
安定した売電収入で自立性の高い活用にチャレンジしてみるのも選択の一つである。

節税と収益、両方ゲット!

土地は大事な財産であると同時に大きなものであり、それを維持するのも受け継ぐことも大きな負担がある。
土地を持っているだけで固定資産税を払わなくてはいけないし、受け継ぐ時はその価値があればあるほど大きな相続税が課税される。
建物を建築すれば、更地よりも固定資産税の課税は軽くなる。
また相続という形で土地を受け継ぐ時は居住用建物の敷地に対して最大8割の相続税軽減措置である小規模宅地等の特例がある。
自分自身の収益だけではなく後に残る自分の家族のために負担を減らすことを考えるならば、土地活用としては建物建築を利用した賃貸経営が適している。
土地を活用していくことは収益を得ること、しかし土地という大きな資産をいずれは自分以外の誰かに背負わす時が来る。
そんな時に大事な家族に一番負担をかけないように将来を見据えて土地活用を考えていくべきである。


TOPへ戻る